2019年09月09日

愚かな思考で交渉するのは韓国と同じだろう


 米中両国の通商交渉当局者は今月行う予定の会合日程を設定できていないと、この事情に詳しい関係者がメデォアに明らかにした。

 米国は1日、中国の延期要求をはねつけて対中関税の発動に踏み切った。
   

 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は金融市場を沈静化し、交渉進展を印象づけようと試みている。

 ただ、発言に揺らぎのあるトランプの素行の悪さが影響し両国ともに不信感があり、交渉再開に向けた
   基本的な条件
でまだ両者はまだ一致していない。
  

 中国当局者の訪米日程はまだ決まっていない。だが、必ずしも中止の兆候でもない模様だ。

 過去2週間のやりとりで米中は少なくとも2つの点で合意できておらず米国が主張する
   次回の交渉ラウンド
に向けたある程度のパラメータ設定と、中国が要求していた新たな関税の延期が要因として指摘されている。

 トランプ大統領は1日に
   新たな追加関税
を強行したが、望んだ効果とは反対の展開となっており、傲慢な傲りで交渉が頓挫してしまった。

  
   
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。