2019年09月07日

ウソつき韓国政府の末路は暗黙だろう


 米国トランプ大統領は8月9日、日韓両国の関係がうまくいっていないのが心配になる。お互いうまくやるべきと述べるに止まり、火中の栗を拾いかねないため様子見を決めたようだ。
 
 反日的な政策で感情をコントロールしてウソの情報を教育やマスコミの報道で意識に植え込んできた韓国政府は、不正問題や違法行為で大統領の周辺が逮捕等され、マスコミから糾弾を受けると、反日行動を画策し、韓国民の支持率を高める行動に舵を切ってきた。
 
 文政権を支える中心人物の不正が問題化すると、反日的な発言が急激に増え、日本への圧力が予定より効果を上げなくなったため、韓国が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定を出した。
 
 その後の先月23日にはトランプ大統領は「韓国にどんなことが起きているのか見守ろう」とのみコメントし関心を示すことはなかった。
 
   

posted by manekineco at 05:18| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。