2019年09月29日

パキスタン首相が インドとのカシミール問題で核戦争を警告


 パキスタンのイムラン・カーン首相は27日、ニューヨークで開催中の国連総会で演説し、カシミール地方をめぐるインドとの争いが全面核戦争へと発展し、世界に影響を及ぼす恐れがあると警告した。

 カーン氏は、イスラム教徒が多数を占める同地方でインドが「大虐殺」を行う可能性があると警告したものだ。
 核保有国同士で敵対関係にある印パ両国は国連総会で注目の的となった。


 カーン氏の1時間前にはヒンズー至上主義を掲げるインドの
   ナレンドラ・モディ首相
が演説した。ただ、モディ氏はインド国内の成果を強調した。
 一方で、パキスタンを指す「テロ」については間接的な言及にとどめており、カーン氏の演説とは対極的な内容となった。

 カシミール地方のインド支配地域は、印政府によって8月初めに自治権が剥奪されている。
 これ以降、封鎖状態に置かれた。 
  

 カーン氏は、外出禁止令の解除後、現地の
   駐留治安部隊
が住民を攻撃する恐れがあると主張した。

 さらに、両国間で通常戦争が始まれば、何が起こっても不思議ではないと指摘した。
 ただ、隣国と比べて大きさが7分の1の国の場合、選択肢は降伏するか、あるいは死ぬまで自由のために戦うかのどちらかしかない」と表明した。

  
   
posted by manekineco at 06:44| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。