2019年10月08日

米シンクタンクが政府機関調査へのトランプ政権の介入が「危機的状況」 と警告


 米国シンクタンクの
   ブレナン公正センター(Brennan Center for Justice)
は3日、米政府機関が行う調査に対する
   ドナルド・トランプ政権
による介入が「危機的状況」に達しているとする報告を発表した。
 米国では最近もハリケーンの進路をめぐりトランプ氏の誤った主張に合わせるよう、商務長官が
   気象当局者に圧力
をかけるなど、政府機関調査に対する
   行政不介入の原則
が政権によって無視され、都合の良い虚偽あるいは欺瞞に満ちた情報が作為的に作りだされる環境が作り出されているようだ。
 同報告では、以前は尊重されていた
   保護措置
が毎週のように破られていると指摘した。
 
 科学の無視は、政治的に無効でコストのかかる政策につながると警告した。
 また、正確かつ非政治的で、政府の支援を受けた調査や分析が保護されるべきだと指摘した。
 報告者らは、宇宙開発競争や病気治療、インターネットのような技術革新などを通じて「人類の歴史の道筋を変えて」きた政治的偏重のない政府機関調査の原則が、最近の歴代政権下では脅威の増大にさらされてきたと主張した。
 
 それにも増してトランプ政権下では介入が新たなピークに達しており、こうした傾向は将来の政権にも許容範囲を超える介入の余地を与え、悪循環が生まれる危険があると警鐘を鳴らした。
 特に人為的な気候変動は、実際に起きていて対応に緊急を要するとの科学的総意があるにもかかわらず、こうした問題にさらされていると警告した。
 
 報告書によると、米環境保護局(EPA)の幹部は先日、専門家会議において政府機関の科学者らが気候変動に関する調査について発表するのを禁止した。
 
 内部プロジェクトの提案で「気候変動」などの言葉を使用しないよう指導されているとする国立公園局(NPS)職員の報告を紹介した。
 ブレナン公正センターの報告は、ジョージ・W・ブッシュ政権下でEPA長官を務めていたクリスティン・トッド・ウィットマン氏とプリート・バララ元連邦検事が率いた。
 
    
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。