2019年10月10日

内政干渉?


 
 米国商務省は7日、中国の
   新疆ウイグル自治区公安局
とその傘下にある18の機関、および
   新疆生産建設兵団公安局
と、ハイクビジョンなど中国企業8社を輸出規制の対象とすると発表した。

 これについて、中国外交部の耿爽報道官は8日、定例記者会見で
   「国際関係の基本ルール」
に反して内政を干渉し、中国共産党の利益を損なうもので、強い不満と断固たる反対を表明する旨の反発した。


 耿爽報道官は中国共産党が漢民族への同化を行うため文化の破壊行為をエスカレートさせ、民族の浄化などを伴う弾圧を繰り広げている新疆の問題は中国の内政であり、いかなる国も干渉する権利がないと放言した。

 中国は引き続き、有力な措置で国の主権、安全、発展の利益を維持していくとの考えを示した。


ひとこと

 中国共産党以外は人にあらずといった主義主張だ。
 こうした行為を報道しない中国の工作を受けているマスコミの姿勢は異様であり、売国奴とも言えるもので、偏向した情報を繰り返し流し日本人の白痴化を推し進めている様なもの。


   
     
posted by manekineco at 21:26| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。