2019年11月10日

成果の捏造に等しい行為


 中国メディアの海外網は8日、安倍晋三首相と反日的な政策を強化している韓国
   文在寅大統領
との対話の様子が無断で撮影されたことに日本から「失礼だ」との声が上がっていると伝えた。
 東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議でタイのバンコクを訪れた日韓両首脳は4日、文大統領が呼びつけるかたちで約11分間の対話を行った。
 これについて、海外網は産経新聞の同日付の記事を引用し「韓国側が日本側に無断で撮影した写真を公開した」と報道した。
 
 この写真を撮影したのが鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長であるとみられることや、産経新聞が「不意打ち」「対外的なアピールを狙った」などと報じ、成果を捏造する目論見が背景にある胡散臭さを感じさせる出来事だ。
 
 そもそも、単なるイベントのひとコマであり日本は今回の対話が公式のものではない。
 日本の外務省のウェブサイトにも関連の情報は掲載されていない。
 
 韓国政府そのものである無秩序で礼儀すらない素行の悪さはいつも通りで、許可なく掲載さしたことは「信義に反する」「マナー違反」と批難が広がっている。
 
 
 この動きに対し文政権を支援する韓国紙・中央日報も同日に「日本が難癖」と題する記事でこれを取り上げ批判する記事を垂れ流した。
 
 各国首脳の非公式の場で撮影された写真がネット上にアップされるのは珍しいことではないと主張したものの、韓国政府の要人の提供する写真が使用されることは外交儀礼上は無礼者であり、切り捨て御免の素行の悪いものでしかない。
 
 安倍首相が以前、トランプ大統領と共にゴルフをした際、笑顔の自撮り写真を撮影し、自身のツイッターにアップしていたことを指摘したうでの反論だが、プライベートの写真の使用とは異なることすら理解できていないようだ。
   

  
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。