2019年11月19日

ご都合主義的な報道


 反日・親北朝鮮政策を推進する韓国産業通商資源部関係者への取材で左翼系思想が強い親北朝鮮系の報道機関である韓国メディアのハンギョレは「業界への確認の結果、液化フッ化水素2件に対する日本政府の輸出承認を確認した」ことを明らかにした。
 
 これでフォトレジスト(PR)、フッ素ポリイミド(FPI)、フッ化水素と、日本政府が輸出を制限した3種類の化学素材品目の輸入も大量破壊兵器への転用の可能性がないことが明らかであれば許可された。
 
 日本は輸出規制の発表後、8月初めにフォトレジストの一部の輸出を許可し、同月末には気体フッ化水素、9月にはフッ素ポリイミドも搬出を承認した。
 
 これらの品目は半導体とディスプレー生産に欠かせない主要素材であったため、景気後退の批判をかわしたい文政権が反日活動を市民団体を活用して工作し日本製品不買運動を激化拡大させた。
 フッ化水素についてはサムスン電子、SKハイニックスなどが注文した物量のうち、輸出規制の発表後は厳正処理で相当部分を書類が不備な点が明らかになり返戻した。
 
 そもそも、有効鉱区への適応となる日本政府の優遇措置を日本領土である竹島の銀地侵攻し実効支配しているままの現状を考えれば韓国に適応すること自体に無理がある。
 反日政策では反日活動が評価されている教育を行っている韓国政府が日本の輸出規制措置を世界貿易機関(WTO)に提訴すらして傲慢な姿勢を崩さずにいる。
 
    
 真実を伝えずに情報を作り変えてしまう韓国メディアの情報の偏向性は救いがたいものであり、この情報に踊っている
   

  
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。