2019年11月19日

警察への投降を促すが...


 強権をふるっている香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官や李家超保安局長らが理工大のキャンパス内にとどまる抗議参加者に対し
   警察への投降
を促した。
 一方、活動家らは包囲されたデモ隊を支援するため同大近くでさらに集会を開くよう呼び掛けた。


 林鄭長官はフェイスブックへの同日の投稿で、理工大周辺の混乱について、「暴徒」が「暴力の水準をエスカレート」させ続けていると批判した上で「警察は繰り返し訴えており、理工大キャンパスにいる者は聞くべきだ」とコメントした。
 また、李保安局長は抗議参加者によるリモコン爆弾や投石機、火炎瓶など武器の使用を非難した。
 
 香港政府のナンバー2、張建宗政務官は政府として「根深い問題」に取り組む決意だと述べ、暴力を終わらせることが引き続き最優先課題だと明言した。


   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。