2019年11月21日

金を使わない韓国人観光客の減少は好都合


 反日政策を継続さている韓国内では文政権を支持する市民団体等が主導して日本製品の不買運動を展開している。

 ただ、韓国の経済は悪化傾向が加速しており、消費市場の縮小が見られることもあり、日本の対韓国輸出が再び大幅に減少した。特に、バイクと自動車の韓国向け輸出が60%以上減少したという。


 日本の財務省が20日発表した10月貿易統計速報分値によれば、日本の対韓国輸出額は
   3818億5400万円(昨年同月対比−23.1%)
に減少した。

 ただ、日本は先月にはも韓国との貿易で1084億7200万円の黒字を記録した。
 IT関連が中国と米国との貿易問題の激化から韓国企業の機械等の輸入が激減した影響から黒字幅は昨年同期と比較すれば45.1%減少した。

 韓国向け輸出(金額基準)を見れば、10月の二輪自動車(バイク)が63.6%(前年同期対比)も減っており、文政権により経済政策のお粗末さが影響した消費市場の縮小は大きく景気低迷の影響は顕著だ。


 また、先月日本を訪れた韓国人観光客は、昨年同期に比べ3分の1水準に減った。
 日本を訪れた韓国人観光客は、先月19万7300人で昨年同期に比べ65.5%減少した。

 日本政府観光局の質よりも量を重視した
   愚かな観光政策
の転換点が早急に求められておりオーバーツーリズム状態のなか
   金を使わない韓国人観光客
の減少は好都合である。
 今後、良質な観光産業を反転させるには良い兆候だ。
  


    
posted by manekineco at 06:46| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。