2019年12月24日

北朝鮮がミサイル発射車両を量産


 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が昨年2月ごろ
   大陸間弾道ミサイル(ICBM)
などの発射台付き車両(TEL)の量産を指示し、70台分の部品を中国などで調達する費用として、党軍需工業部傘下の貿易会社に数千万ドル(数十億円)が充当されたことが23日、分かった。 
 
 この情報から北朝鮮が米朝交渉に臨みながら、核・ミサイル戦力の強化を進めてきた実態を示すものだ。
 
 当然、米情報当局も同様の情報を把握しており、70台のうちICBM用が何台なのかや製造の進展状況を追跡しているという。
 
 
ひとこと
 
 この情報を把握しているトランプ政権の対応は甘い。
 当然、親北朝鮮・反日政策を展開する韓国の文政権の胡散臭い目論見が露見したも同じであり、日本政府は防衛的側面から韓国との経済関係は遮断したうえ、日本領土である竹島の返還を要求すべきだ。
 
  
    
posted by manekineco at 19:08| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。