2019年12月25日

米国特有の独善的な思考


 米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は24日、フロリダ州パームビーチ郡にある自身が保有するリゾート
   「マールアラーゴ」
で記者団に対し、「共和党は過半数を確保している」と発言した。
 
 共和党多数の上院で進められる弾劾裁判において自分は「非常に良い位置」にいると述べ、「これはマコネル氏次第だ」と続けた。
 
 同院内総務を「非常に良い男、かつ非常に公平な男」だとして称賛した上で、共和党のマコネル上院院内総務は「何でもやりたいように」やることができると述べた。
 
 
 ペロシ下院議長は速やかな裁判を望んでいるマコネル氏に証人喚問を認めるよう圧力をかける狙いから下院が可決した
   トランプ大統領弾劾訴追決議
の上院送付を遅らせている。

 下院民主党議員の多くは、上院がトランプ氏を無罪とするため証拠調査をせずに迅速に動くことを懸念していることも背景にある。
 トランプ氏は下院民主党について、「彼らはわれわれを極めて不当に扱った。彼らは今、上院での公正さを求めている」と批判した。
 

ひとこと

 尻に火がついているが気がつかない裸の王様か?単に鈍感で周囲が見れないだけで、勝手な主張を繰り返す米国特有の思考のなせる業か...
 
    
  
posted by manekineco at 04:54| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。