2020年01月14日

資金が米国市場から流れだす可能性

 
 米国の投資会社ゴールドマン・サックス・グループは顧客リポートで米国株が他の市場を圧倒してきたのは企業利益の成長ペース加速が鍵だったと指摘した。
 
 ただ、ゴールドマンの世界株式チーフストラテジスト、ピーター・オッペンハイマー氏はリポートで、「このギャップは今後数年に縮小する可能性が高く、これまでに比べて米株アウトパフォーマンスの明白な誘因ではなくなることが示唆される」と続けた。

 S&P500種株価指数構成銘柄の1株当たり利益は、金融危機前のピークだった2006年から90%近く伸びたと説明した。
 一方、ストックス欧州600指数は約4%、MSCIアジア太平洋指数(日本を除く)は17%だという。
 
 ゴールドマンの予測では、S&P500種では1株利益の年間伸び率が2018−21年に4%と、過去13年に見られた5%から縮小すると指摘した。
 また、ストック欧州600の伸び率見通し2.7%を上回るものの、アジア指標の5.9%は下回るもようだ。
  
  
  
posted by manekineco at 05:32| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。