2020年01月15日

思考が固まった政治家


 中国共産党機関紙「人民日報」の国際版「環球網」は、韓国の
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
が14日、大統領府で行った新年の記者会見で、北朝鮮の核問題解決における中国の役割は非常に重要との認識を示したと伝えた。
 なお、この記事は韓国政府の情報統制を受けている聯合ニュースの報道を引用したようだ。
 
 文大統領は中国が果たす役割の重要性について言及し、「中国が関連の問題において提供してきた大きな支援に韓国側は感謝の意を示す」としたと続けた。
 文大統領は「北の核問題は短時間で解決できる問題ではない。朝鮮半島に全面的で永久的な平和メカニズムが構築されるまで、韓国は中国と引き続き協力し、関連する問題の解決に努力する」と述べるなど
   大量破壊兵器破壊力の強化
   大陸間弾道ミサイルの性能向上
のための開発時間や経済発展の資金獲得を目指す北朝鮮の独裁者
   金正恩の目論見
に沿った支援を推進する意図を示した。
 
 さらに、南北対話、米朝対話に言及。「楽観はしていないが、悲観する程度には至っていない」と指摘し、「北は対話のドアを閉ざしていない」との考えを示した。
 
 
  
posted by manekineco at 05:12| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。