2020年01月22日

春節の中国人の海外旅行先都市で日本がトップ3を独占


 
 中国メディアの東方網は20日、旅行予約サイト
   Agoda
の予約データから春節を海外で迎える計画をしている
   中国人観光客
に人気の目的地都市の上位を、日本の都市が独占したことが明らかになったと報じた。


 中国人観光客が春節期間中に滞在する海外の人気都市トップ10は1位から東京、大阪、札幌、ソウル、シンガポール、京都、プーケット、バンコク、バリ島、セブ島だったとした。

 また、国別では1位が日本、2位がタイ、3位がフィリピンとなっていることを伝えた。
  
 中国以外で春節を祝日とする国の観光客の動向についても言及し、韓国人観光客は東南アジアのビーチを目的地とする傾向が見え、シンガポールは近隣のマレーシア、インドネシア、タイに人気があるとした。



ひとこと

 韓国客へのぼったくりが問題化した韓国への中国人観光客が大きく減少する傾向にあるのだろう。
 外国人観光客では金を落とさない韓国観光客が反日政策に共鳴して来日を取りやめて減少すればキャパが限界にある日本の観光産業にとっては一息つけるだろう。




posted by manekineco at 05:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。