2020年01月30日

中国人旅行客の受け入れは「継続」


 中国湖北省の武漢市で発生した新型肺炎で中国人が大勢海外旅行に出かける春節による大型休暇に重なった。
 
 世界中で感染者が確認される事態。
 日本でも武漢市を訪れたことのない日本人の感染が確認された。
 
 
 中国メディアの今日頭条は27日、日本は新型肺炎の感染拡大を全力で抑え込もうと努力していると紹介した。
 一方、「それにもかかわらず、中国人旅行客の受け入れは続けている」と続けた。
 武漢市で新型肺炎の感染が拡大するにつれ、日本では「マスクを着用する人の数が明らかに増加した」と強調した。
 
 また、中国ではマスクの品切れが各地で続出していることから、日本で暮らす中国人たちは中国にマスクを送るのに追われた人もいたと紹介した。
 
 
 日本政府は国民に向けて湖北省への渡航を中止するよう喚起するなど、新型肺炎の日本への流入や感染拡大を防ぐために様々な対策を取ったと紹介した。
 また、各自治体や企業、学校でも様々な対策が行われていることを紹介し、春節期間中に大勢の中国人が訪日することを警戒した動きが見られていると指摘した。
 
 一方、日本は様々な対策を取ったうえ
   中国人旅行客
の受け入れは「継続」していると強調した。

 日本では28日に武漢市を訪れたことのない日本人の新型肺炎への感染が確認された。
 今後も日本人の感染者が確認される可能性は否定できないものの、感染拡大の阻止に向けたさらなる対策が行われている。
  

ひとこと

 感染の阻止は不可能であり、急激に拡大している地域以外からの入国は問題はないだろう。
 そおそも、船舶での移動する時代の水際阻止は航空機を利用する時代には不適合な思考だろう。
     

   
posted by manekineco at 04:50| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。