2020年03月29日

防護用の装備品が不足し医療崩壊に兆し


 米国で確認された新型コロナウイルスの感染者が27日に約1万8000人増と最大の増加を記録し、世界で最多の10万3000人超に達した。
 死者数は1600人以上に達した。

 各地の医療現場では人工呼吸器などの医療機器や医療用マスクなどの装備品の不足が一段と深刻化している。 


 ニューヨーク、ニューオーリンズ、デトロイトなど患者急増地域の病院からは経験豊富な医療スタッフの不足を訴える声もあがっている。


 米国の感染者数は27日にロイターの集計で、死者数は27日夜時点で少なくとも1632人で世界で6番目となっている。
 また、1日の増加はこれまでで最大の370人にのぼった。

 ジョンズ・ホプキンス大学の集計では、世界全体の感染者は59万3000人で、死者は2万7198人に増えている。


 ニューヨーク地域の医師の話としてメディアに流れているものとしては
   防護用の装備品が不足
しているため、リサイクルやブラックマーケットでの確保も必要になっている状況にあるという。

 ニュージャージーのある病院の医師の話では、マスクやその他の防護用品がこれまでの購入が2500ドル程度では手に入らず、闇市場で7倍以上の1万7000ドルを払い、廃屋化した倉庫で入手したことを明らかにした。



posted by manekineco at 09:14| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。