2020年03月31日

ゴミに埋もれた社会との違いだ


 日本は、五輪開催を最優先にした政治的な思惑があり
   新型コロナウイルス肺炎
の感染者が増加し続けている都市部を中心に外出自粛要請が出ている。

 
 東京都知事の掌返しの要請の連発の影響から通りでは普段と比べると人が減った。
 ただ、首相の妻の桜を観る集まりが集団感染の恐れがあるにも拘らず、公園等の花見自粛の要請ではないと言い放つなど政治への信頼性は大きく揺らいでしまっており「不要不急」とは言えない理由で外出している人も多くなりつつある。
 
 政治的な言論統制で後手に回った中国武漢市の惨状から厳しい封鎖を経験した中国からの視点では、こんなに緩くて良いのかと思うのも当然といえ、現時点では他国に比べると感染者数というより感染死亡者の少なさから、ある程度封じ込めに「成功」しているように見える。


 中国メディアの今日頭条では27日、「日本の成功は世界を困惑させている」と題する記事を掲載した。

 日本の感染症への対策は中国や韓国などの力による弾圧的な措置とはかなり違っていて、中国のような都市封鎖もなく、シンガポールなどのように監視技術に頼るわけでもなく、韓国のように徹底的な検査も行っていない。

 共産主義を信奉する力による制圧を是とする記事ではこれを「ばくち」のような方法だと批判した。
 
 感染者が知らずのうちに他人に感染させ、気が付いた時には取り返しがつかなくなるリスクがあるからだとロジックだ。

 日本がすべきことは2、3週間「東京都を封鎖」することで、経済を二の次、三の次にして初めて医療崩壊が避けられると主張し、日本の経済力を破壊する目論見が隠されているようだ。
 
 中国が採用した方法だが新型コロナウイルスに関しては、未知のウイルスであるため各国の対応も分かれる結果になっており、何が正しかったかは時が経過しないと分からないこ。

 食べある気など欧米や中国など非衛生的な生活習慣が蔓延している国々の惨状と比較すれば、地下街などの地べたに尻をつける阿呆も少なく、普段から衛生概念がしっかりしている多くの国民が鋳る日本では「もしかすると本当に大丈夫かもしれない」という意見や、「今のところ一番成功しているのは日本であるといったコメントがネットに寄せられているという。
 
 中国共産党の影響下にあるメディアの記事では常に日本の緩さを批判しているが、そう感じていない中国人も多い。
  
 

ひとこと

 シャワーで体を洗うだけできちんと洗わない不潔な欧米人らが多く。食い散らかし路上はゴミだらけでは話にもならない。



   

posted by manekineco at 20:47| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。