2020年04月09日

生活保護よりも低い水準でしか申請できない経済緊急対策は無脳無策


 米国シカゴ地区連銀の
   エバンス総裁
は8日、シカゴ経済クラブが主催した電話会議で
   「最良のシナリオ」
が実現した場合でも、この危機を脱却した後の米国と世界の経済は、危機前ほど豊かではないだろうと発言した。
 
 また、「われわれは皆、自宅待機を続けながら、ほかの願望のために蓄えていた貴重なリソースと蓄えを使っている」と続け、新型コロナウイルスの感染拡大が米国と
   世界の経済繁栄に恒久的に影響を残す
との見方を示した。
  
 4−6月(第2四半期)の米経済は厳しい縮小を迎えるとの見方も示した。
 
 失業率は「最悪20%まで上昇し得る」とし、家計と企業を適切に援助する政策が成功すれば、失業率が「再度低下する可能性はある」との見込みという。
 
 
    
posted by manekineco at 08:14| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。