2020年05月06日

逆風の芽を摘み取ることは不可能かも


 米国では6月までに
   新型コロナウイルス
による1日当たりの死者数が2500人
   感染者数が20万人程度
まで増えるとの予測が政府文書で示された。
  
 ただ、世論からの批判が広がることを懸念するホワイトハウスでは、これは
   「米疾病対策センター(CDC)の内部文書」
だと主張して関与を否定した。
 この被害予測はトランプ政権の
   ウイルス対策タスクフォース(作業部会)
には提出されておらず、作業部会の分析・予測と相いれないと説明し批判した。


 ニューヨーク・タイムズ(NYT 米紙)が先に入手・公表したこの文書は作成者が誰かや、どのような想定に基づく予測なのかは不明だが、同資料は米保健福祉省と国土安全保障省の承認を受けているという。
 当然のことだが、予測にはレンジがあり、死者数2500人、感染者数20万人はそのほぼ中間であり、妥当なものといえる。


 ホワイトハウスの
   ジャッド・ディア報道官
は声明で「このデータは、作業部会によるモデリングや作業部会が分析したデータを反映していない」と批判した。
 米国で3日に新たに報告された感染者数はおよそ2万5000人、死者は1200人超で、最低値と見られる。
   

ひとこと

 大統領選挙では大きな逆風になる兆しが見られ、そうしたリスクの芽を摘み取る動きが出ているが、摘み取れるのかどうか...


  
posted by manekineco at 10:09| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。