2020年05月25日

新型コロナウイルスの影響

 アジア開発銀行(ADB)は15日、
   「新型コロナウイルス感染症の経済への潜在的影響に関する最新評価」
と題する報告書を発表した。

 この報告書には、新型コロナウイルスの影響で世界経済が受ける損失は
  5兆8000億ドルから8兆8000億ドル
に達する可能性があると指摘した。
 これは全世界のGDPの6.4%から9.7%に相当する金額となる。

 また、アジア太平洋地域の経済損失は1兆7000億ドルから2兆5000億ドルにまで及ぶ可能性を指摘した。
 なお、数字に幅があるのは
   隔離政策の実施期間(3カ月から6カ月)
によって変動するためと見られる。

 このうち中国については1兆1000億ドルから1兆6000億ドルまでの損失を被る可能性があると指摘した。

 この報告書は、感染症の影響を受けた96の経済体、400万件以上の新型肺炎病例をカバーしたという。


ひとこと

 損害規模の算出にはいろいろな要素があり、コロナ感染被害以外の要素が背景になり景気後退期の数値が韓国などは加算されるであろう。


    
posted by manekineco at 07:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。