2020年07月14日

お仲間の取り扱いは治外法権的


 米国ホワイトハウスは10日夜、トランプ米大統領が、ロシア疑惑を巡る
   議会への偽証罪 など
で禁錮3年4月の実刑判決を受けた元顧問の
   ロジャー・ストーン被告
の刑を免除したと発表した。
 同被告は14日に収監される予定だった。
  

 トランプ氏はストーン被告の裁判に関わった判事や検察だけでなく、陪審にも
   政治的動機
に基づいているとして繰り返し批判していた。
  
 民主党からは早速反発する声が上がった。
 11月の大統領選で民主党の候補指名を確実にしているバイデン前副大統領のスポークスマン
   ビル・ルッソ氏
は「権力を再び乱用した」としてトランプ氏の決定を批判した。



ひとこと

 成り上がり一族のお仲間の取り扱いは治外法権的であり、次期大統領選挙に敗北すれば強い反発の直撃を受け、トランプ帝国も終焉の憂き目を見るかもしれない。

   
   
posted by manekineco at 20:32| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。