2020年08月06日

事故を装う攻撃であればテロ行為だが...


 中東で18の宗派が存在し,各宗派に政治権力配分がなされ,バランスの確保に意が用いられているであるレバノンの首都ベイルートの港で4日、大規模な爆発があった。
 
 死傷者は現地病院の収容力を超える規模に上っている。
 
 爆発の衝撃は大きく、ベイルート全域で建物の窓ガラスが吹き飛び、爆発音はキプロスでも聞こえたという。
 
 当局は爆発が港の極めて爆発性の高い物質によって引き起こされたと説明した。
 ただ、この事故だったのか何らかの攻撃だったのかは今のところ発表していない。

 時間経過とともに死傷者数は増え続けており、ハッサン公衆衛生相によると、現地時間午後11時(日本時間5日午前5時)ごろの時点で死者67人、負傷者約3600人となっている。
  
 現地の映像によると、炎のようなものが見えた後に閃光(せんこう)が続き、大きな爆発が起きてベイルート港一帯を巨大な煙が包み込んだ。
 
 電力会社や政府機関など周辺地域の建物が大きく損壊し、数マイル離れた場所でも被害があった。



   
posted by manekineco at 05:22| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。