2020年08月08日

胡散臭い日本のマスコミの所業を糺す必要があるだろう


 世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括する
   マイク・ライアン氏
は、スポーツの試合や音楽祭といった大規模イベントは混雑をもたらすことから
   特に危険性が高い
と指摘した。

 また、感染状況が抑制された国でのみ許可されるべきだとの見方を示した。

  
  

ひとこと

 東京五輪開催最優先の思考がコロナ感染への対応を意図的に遅らせた恥じを知らない日本のマスコミの報道姿勢は問題であり手ッていて機に追求すべきであり、同調した与野党の政治家も同じ穴の貉だ。

 韓流工作で日本人の思考に韓国政府の思惑通りに動かす意識の刷り込みを手助けした公共放送などメディアの対応は許しがたいものがある。

 もともと、放送法で受信料を徴収することも自由経済の発展した現状では差別的であり廃止すべき条項だ。

 また、有事や大規模災害時の報道は電波を利用する料金を支払わせることで解決できるものであり、本末転倒の主張など受け入れる必要はない。

 総務省の権益となっている郵政同様に管理の杜撰さは目に余るものであり、公共放送の民営化を徹底し、逸脱行為があれば免許を取り消し廃業させるべきだろう。

   

    

posted by manekineco at 05:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。