2020年09月29日

劇場型の政治家はお粗末そのもの


 民主党の大統領候補ジョー・バイデン氏との初のテレビ討論会を翌日に控える中、米大統領の
   ドナルド・トランプ氏
は28日、自身が長年にわたり連邦所得税をほとんど納めていなかったとの報道を虚偽と否定した。

 トランプ氏はこの突然の新疑惑発覚により揺さぶりをかけられている。


 ニューヨーク・タイムズ(New York Times 米紙)は27日、トランプ氏が長い間公表を避けてきた
   納税申告書
に基づいた情報として、同氏の連邦所得税納付額は2016年、17年には
   わずか750ドル(約7万9000円)
で、それ以前の15年間のうち10年はゼロだったと報道した。

 大富豪を自称するトランプ氏は経営者としての能力が疑われ、急所を突かれた形となった。

 すぐさま、トランプ氏は28日、ツイッター(Twitter)への投稿で「2016年の選挙中と同じく、フェイクニュースメディアは違法に取得した情報で、私の税金などあらゆるくだらないことを持ち出している」と主張したが、素行の悪さは相も変わらずの醜態を晒している。

 トランプ氏は「私は数百万ドル(数億円)もの税金を納めたが、他の誰もがそうであるように
   「減価償却と税額控除を受ける資格があった」
と説明した。

 ただ、ニューヨーク・タイムズ紙は納税申告書からの情報として、トランプ氏が
   巨額の納税を回避できた理由
の一つに、成功を収めているとされるゴルフ場などの事業が実際には巨額の損失を出していたことがあったと伝えた。

 27日に公表された複数の世論調査ではバイデン氏が引き続き優勢となっている。

 トランプ氏は29日に米オハイオ州クリーブランドで行われる初の討論会でいっそう守勢に立たされることなりそうだ。


ひとこと

 劇場型の政治家のお粗末さだ。


   
posted by manekineco at 05:33| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。