2021年01月19日

中国の新造船受注量が韓国を上回り、2年ぶりに世界一に戻った


 世界の造船業界は2020年の新型コロナウイルス感染症と経済の不確実性という二重の影響下で約30年来の大不況に陥っており、各国の造船企業の手持工事量はいずれも大幅に減っている。
 中国工業情報化部は、2020年の中国の新造船受注量が韓国を上回り、2年ぶりに世界一に戻ったことを明らかにした。
 
 2020年の中国と韓国の新造船受注量の世界シェアはそれぞれ48.8%と41.4%で、世界1位と2位で日本は7%という。
 統計によると、2020年の中国の造船竣工量と手持工事量が世界全体に占める割合はそれぞれ43.1%と44.7%で、世界シェアがあるという。
 
 
     
posted by manekineco at 04:48| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。