2018年05月26日

北朝鮮の外交姿勢を問題とすることもできない?


 韓国の文大統領は朝鮮半島の
   非核化と恒久的平和
は、諦めることも先送りすることもできない
   「歴史的課題」
と主張しながら、米朝首脳会談が予定された6月12日に開催されなったことに対して「当惑しており、極めて遺憾だ」と述べた。
続いて「問題解決のために努力してきた当事者の真意は変わっていない」と北朝鮮の外交姿勢を問題とすることもせず
   「今の疎通方式」
では敏感で難しい外交問題を解決するのは難しいと指摘した。
 
 また、米朝首脳間の「より直接的かつ緊密な対話」で解決していくことを期待するとの理想論を展開し、穴だらけの核の完全廃棄のプログラムを摘める動きを牽制するような姿勢を示し、北朝鮮政府の思惑通りに動いているる印象を持たせ、金大中の轍を踏む言動であった。


 文大統領はこれに先立ち、同日午後11時30分にNSC常任委員会委員長の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長をはじめ、任鍾皙(イム・ジョンソク)大統領秘書室長と康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官、宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官、徐薫(ソ・フン)国家情報院院長ら常任委員を緊急招集していた。
 
 この席には尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席も同席し、トランプ大統領の意図の把握と共に、今後の対応などについて話し合ったことが明らかになっている。
 
  
  



   
posted by manekineco at 05:08| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

米朝首脳会談を中止

  
   
 米国のトランプ大統領が北朝鮮の
   金正恩委員長
に書簡を送り、来月12日にシンガポールで予定されていた
   米朝首脳会談を中止
すると伝えたことが明らかになった。
 
 
 ホワイトハウスは日本時間の24日午後11時50分頃、ツイッターでトランプ大統領の書簡のコピーを公表して明らかにした。
 
 このなかで、トランプ大統領は、北朝鮮が最近の声明で激しい怒りと敵意をあらわにしたことを会談中止の理由にあげ
   「いまは適切ではない」
と指摘した。
 
 また、「北朝鮮と世界は平和と繁栄の大きなチャンスを逃した。悲しいことだ」と述べ「いつの日か金委員長に会えることを期待している。金委員長の考えが変われば、電話をかけるか書簡を送ってほしい」と呼び掛けた。
 
 
 米朝首脳会談をめぐる事前交渉では、北朝鮮が一方的に核放棄だけを求めようとするなら
   米朝会談の開催を再考する可能性
を示唆した。
 
 こうした対し、トランプ大統領は北朝鮮が非核化について一括妥結方式(リビア方式)、あるいは速戦即決方式を取れば
   北朝鮮の体制を保証
したうえ、莫大な経済支援を約束することを明らかにするなど
   やや柔軟な姿勢
を示したばかりだった。
  
 
 
ひとこと
  
 トランプ政権のポンペイオ国務長官が、北韓の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が非核化の見返りに、体制の保証と平和協定の締結、それに経済支援を要求したと明らかにし、トランプ大統領が追認していた。
 
 こうした流れを更に有利に運ぼうとして、読み誤り、虎の尾を踏んだ結果でしかない。
 
 
   
 

   
posted by manekineco at 06:48| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

北朝鮮の目論見が破たんしかけている?

 

 
 北朝鮮は23〜25日に行われる予定の核実験場の廃棄に、韓国と米国、英国、中国、ロシアの5カ国の報道陣を招待した。

 韓国については通信社と放送局の各1社から4人ずつ、計8人の記者を招待するとこれまで通知していた。

 

 韓国記者団はこの日午前と午後に4人ずつ北京に到着している。

 その後、北朝鮮訪問に関する板門店連絡チャンネルでの協議結果を待ったが北朝鮮は18日に続き、この日も

   韓国記者団の名簿

の受け取りを拒否し、板門店チャンネルは業務を終了している。

 

 韓国記者団は北朝鮮大使館にビザを申請することを検討し、一部の韓国記者が北京の北朝鮮大使館前に集まった。


 ただ、韓国記者団は韓朝政府間の協議結果をさらに待つことにしたという。


 なお揺さぶり目的もあるのだろう米国、中国、ロシア、英国の記者団はこの日までにビザの発給を受けている。

 

 ビザの発給を受けた記者は22日午前に北朝鮮が用意した航空便で訪朝する予定。


 北朝鮮は12日、23〜25日の間に

   核実験場の坑道

を爆破し閉鎖することを明らかにsて、韓国と中国、ロシア、米国、英国のメディアに公開する方針を表明した。

 その後、韓国記者団の名簿の受け取りを拒否した。

 

 

ひとこと

 

 北朝鮮の目論見通りに状況を動かしたいのだろう。

 単なる不要な坑道を爆破するに過ぎない。

 これまでの核実験で核兵器の開発に必要なデータは確保した可能性が高い。

 今後は、コンピューターを利用したバーチャルな開発の段階に進む可能性があり、派手なイベントにつき合う必要はない。

 

 日本メディアは中国やロシア、北朝鮮などのシンパが多く好意的な記事を書いてきたとしてもこの様だ。

 海外の諜報機関の工作に乗せられた報道を続けているが、報道する情報の質が悪く偏向的だ。

  

 与野党政治家も同様の思考で発言しても、メディアの情報を信じていない大多数の日本国民は踊りはしない。

 

 

 

 

 


    
posted by manekineco at 12:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

クリーク・アンド・リバー(C&R 4763) 連結営業利益 3年連続で過去最高を更新



 テレビ番組などの制作請負を手掛ける
   クリーク・アンド・リバー(C&R 4763)
は19年2月期の連結営業利益が
   20億円程度(前期推定比+1割)
に増えそうだ。

 3年連続で過去最高を更新する。

 人手不足に悩む制作会社から、テレビ番組やゲームの制作請負の受注が伸びる。
 ウェブサイトの制作代行では官公庁向けの案件が増えると報じられた。

  

  

    
posted by manekineco at 12:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリー(3632) 「バーチャルユーチューバー」事業に参入


 グリー(3632)は5日、動画サイト「ユーチューブ」で活動する
   3D(3次元)キャラクター「バーチャルユーチューバー」事業
に参入すると発表した。

 同事業を手掛ける子会社を設立し、1〜2年で100億円を投資するという。
 スマートフォン(スマホ)ゲームに次ぐ柱に育てる狙いだと報じられた。





   
posted by manekineco at 06:30| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インプレス(9479) 業績変動リスクが予想より減少


 メディア関連企業グループ
   インプレス(9479)
は18年3月期通期連結業績予想で、第4四半期における
   業績変動リスク
として懸念していた年賀状ムックやカレンダー等の大型季節商品の返品が想定内に収まる見込み。

 書籍販売及びメディア事業の広告収入は堅調に推移している。
 売上高及び経常利益の予想を上方に修正すると報じられた。

  

 
   
posted by manekineco at 06:26| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

夢真ホールディングス(2362) 新卒採用の拡大など先行投資が一巡



 建設現場向けの技術者派遣を手掛ける
   夢真ホールディングス(2362)
は、19年9月期の年間配当は45円程度と、今期予想に比べて10円程度積み増す見込み。

 新卒採用の拡大など先行投資が一巡したのに加え、財務余力も高まっているため、より多くの利益を株主に振り向けると報じられた。

  
  

 
   
posted by manekineco at 04:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

エスプール(2471) 売上高が拡大


 人材派遣等を手掛けるエスプール(2471)の18年11月期第1四半期の連結業績は、売上高が
   32億1200万円(前年同期比+30.7%)
となった。
 また、営業利益が同255.6%増の1億6600万円、経常利益が同281.7%増の1億7300万円、純利益が同221.2%増の1億800万円だったと報じられた。

 
 

   
posted by manekineco at 09:01| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする