2017年10月30日

万世電機(7565) 利益については売上総利益率が改善


 万世電機(7565)の第2四半期連結決算で売上高はほぼ計画どおり推移したようだ。
 利益については売上総利益率が改善し、販売費及び一般管理費が計画値以下に抑えられた。
 営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益が、いずれも前回公表値を上回る見込み。

 また、通期の業績については、第2四半期連結累計期間の業績修正内容および下期の見通しから前回予想を修正すると報じられた。


 
 


   
posted by manekineco at 21:24| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

モーゲージS(7192) 住宅金融事業及び住宅瑕疵保険等事業が堅調に推移


 モーゲージS(7192)の18年3月期第2四半期連結決算は、住宅アカデメイア事業は
   まるはびシェア展示場
であるシェアーズラグーナ蒲郡とクラスベッソ蓼科の2拠点を新規オープンしたことで初期費用が発生し予想を下回った。
 ただ、住宅金融事業及び住宅瑕疵保険等事業が堅調に推移しており、前回の予想を上回る見込み。
 18年3月期第2四 半期連結業績予想を上昇修正すると報じられた。

 
 


   
posted by manekineco at 21:24| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンバーズ(2120) 期初の想定を大幅に上回る見込み



 メンバーズ(2120)は18年3月期第2四半期間で、企業のデジタルマーケティング領域への投資拡大を背景に、EMCモデル提供クライアントをはじめとする既存顧客の取引が堅調に推移しているという。

 また、持続的な成長に向け新卒、中途ともに積極的な採用投資を行っている。

 売上は計画通り推移しており、過去最高を更新する見込み。
 また、利益については、新規子会社設立、M&Aによる連結子会社2社の増加および業績の拡大や内製化、生産性向上の取り組みによる残業手当等の削減で増加した。

 なお、積極的な中途採用計画に対し一部進捗に遅れがあったことで、全体として期初の想定を大幅に上回る見込みとなったと報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

NSW(9739) 生産効率の向上、一部費用の下期ずれ込み等で、当初予想を上回る見込み


 NSW(9739)ではデバイス開発をはじめとするプロダクトソリューション事業の需要増加等により売上高は当初予想を上回る見込み。
 利益については、売上高の増加に加え、生産効率の向上、一部費用の下期ずれ込み等で、当初予想を上回る見込みとなったと報じられた。

 
 


   
posted by manekineco at 21:25| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい生活(3796) クラウドサービスの拡販が期初予想にわずかに届かず。



 いい生活(3796)は第2四半期における連結売上高において、クラウドサービスの拡販が期初予想にわずかに届かなかった。
 ただ、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益は、開発及び営業活動における業務効率化を推進したことで、費用全般が当初予想を下回る見通しとなった。

 なお、第2四半期における営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する四半期純利益が当初予想を上回る見込みとなったと報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

DVx(3079) 不整脈事業が堅調に推移


 DVx(3079)の18年3月期の第2四半期の業績予想について、売上高は、不整脈事業が堅調に推移したことにより予想を上回る見込みとなった。
 また、利益面では、売上増加に伴う売上総利益の増加が見られた。

 これは研究開発費、薬事関連費用等の発生時期に変動が生じたことによるものと報じられた。

 
 


   
posted by manekineco at 21:25| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インタースペース(2122) 経常利益において は当初予想を大きく上回る配当収益を計上する見込み

インタースペース(2122)は売上高では、アフィリエイト事業の『Eコマース』ジャンルを中心に広告販売が好調に推移。
 当初の予想を上回る見込み。

 また、メディア運営事業で、ママスタジアムの利用ユーザーの増加を背景に好調に推移した。 
 利益面においても当初予想を上回る見込み。

 今回、ファンド投資先の売却があった影響で、経常利益において は当初予想を大きく上回る配当収益を計上する見込みであると報じられた。

 
 

     
posted by manekineco at 03:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

トランザクション(7818) 17年8月期の連結純利益は前期比33%増



 雑貨生産・販売の
   トランザクション(7818)
は3日、17年8月期の連結純利益が前期比33%増の9億3300万円だったと発表した。

 従来予想は29%増の9億400万円だった。

 企業の販促グッズなどを扱うオリジナル雑貨事業の販売が好調だった。
 また、売上高は13%増の134億円だった。
 従来予想は132億円。

 新規事業の電子たばこは卸売り販売の伸びが想定を上回ったと報じられた。

 
 


   
posted by manekineco at 21:37| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする