2018年01月20日

ブロッコリー(2706) 簡体字中国語に対応した「歌之王子殿下:耀之星」を中国大陸で配信


 ブロッコリー(2706)とKLabは、スマートフォン向けリズムアクションゲーム
   うたの☆プリンスさまっ♪ShiningLive
の簡体字中国語に対応した
   歌之王子殿下:耀之星
を中国大陸にて、2018年1月24日より配信することについて決定いたと報じられた。


 
 

   
posted by manekineco at 13:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プラズマ(6668) 半導体・液晶関連事業において、引き続き設備投資が好調に推移


 プラズマ(6668)は第2四半期累計期間の業績予想について
   半導体・液晶関連事業
において、引き続き設備投資が好調に推移していることを明らかにして、売上高は前回予想を上回る見込みとなったと伝えた。
 
 利益面については売上高の増加および生産量増加に伴う製造原価の低減等により、各利益は前回予想を上回る見込みと報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 08:10| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LINE(3938) 資産運用サービスに参入


 対話アプリ大手のLINE(3938)が資産運用サービスに参入する。

 米ゴールドマン・サックスなどと共同でインターネット証券のフォリオ(東京・千代田)に約70億円を出資した。
 
 顧客はLINEのアプリを経由して金融商品を売買できるようになる。
 
 また、LINEはアプリを使った決済サービスも始めている。
 資産運用もメニューに加え、主な利用者である若年層に向けた金融事業を強化すると報じられた。


 
 

   
posted by manekineco at 08:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柿安本店(2294) 平成30年2月期の連結業績予想を修正


 柿安本店(2294)は第3四半期までの業績進捗や平成29年12月度の月次業績動向から平成29年4月11日に公表した当初予想を上回る業績が見込まれるという。
 
 このため、平成30年2月期の連結業績予想を修正する。
 
 平成30年2月期利益が予想を上回ることから期末配当予想を1株当たり10円増配の55円とすると報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 07:56| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本一ソフト(3851) 魔界戦記ディスガイア5 世界累計出荷本数(平成30年1月12日時点 )が20万本を突破


 日本一ソフト(3851)は任天堂スイッチ専用ソフト
   魔界戦記ディスガイア5
が受注分を含む世界累計出荷本数(平成30年1月12日時点 )が20万本を突破したことを明らかにした。
 
 特に海外版の売り上げが堅調に推移し、今後も日本のみならず、世界中で本商品の魅力を伝えると報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 07:55| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェアリングテクノロジー(3989) 12月度月次流通総額が6.9億円を達成


 シェアリングテクノロジー(3989)は平成29年12月度月次流通総額が6.9億円を達成し、前年同月比168%となったと報じられた。

 
 

  
posted by manekineco at 07:50| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UNITED(3497) フリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港)が、6月をメドの上場


 UNITED(3497)が出資している個人間の物品売買を仲介するフリーマーケットアプリのメルカリ(東京・港)が、6月をメドに東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに株式上場を計画していることが18日明らかになった。
 
 昨年末の上場を目指していたが、ビジネスモデルが
   資金決済法
に抵触する可能性があるとして東証側と調整が続いていたもの。
 
 上場時の時価総額は2000億円を超える大型上場になる可能性があると報じられた。


 
 

   
posted by manekineco at 07:42| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIA(7172) 商品の販売も好調


 JIA(7172)は中核事業であるオペレーティング・リース事業及び環境エネルギー事業の案件組成が順調に進み、顧客(投資家)からの
   強い需要
を背景に商品の販売も好調に推移した。
 
 これにより、2017年12月期(2017年1月1日〜2017年12月31日)連結業績予想で、売上高・営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する純利益のいずれも、前回発表予想(2017年2月8日付け公表)を上回る数値に修正すると報じられた。

  



   
posted by manekineco at 07:21| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする