2018年04月09日

ナノキャリア(4571) アキュルナとのライセンス契約締結



 ナノキャリア(4571)の売上高については、アキュルナへのライセンス契約締結に伴うライセンス収入及び大手製薬会社との契約締結に伴う契約一時金収入等により、当初予想を5800万円(29.4%)上回り、2億5500万円となる見込み。
 予想売上高の上振れに伴い、営業利益、経常利益及び純利益が5800万円改善したため、それぞれ47億2600万円、46億4800万円及び47億8900万円の増加となる見込みであると報じられた。

  
  
  

   
   


   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

食品機械事業の営業利益が過去最高の5億5000万円



 ソディック(6143)の18年12月期は、食品機械事業の営業利益が過去最高の5億5000万円になりそうだ。
 消費者の健康志向を背景に、豆腐や豆乳を原料に使う製麺機械などが好調に推移すると報じられた。


  
 

   
posted by manekineco at 08:33| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルゴグラフィックス(7595) 18年3月期の連結純利益 前期比+18% 



 自動車の設計システム販売が主力の
   アルゴグラフィックス(7595)
は26日、18年3月期の連結純利益が
   25億円(前期比+18%)
になりそうだと発表した。

 これは従来予想(2%増の21億円)より増益幅が拡大するもの。

 また、好業績を受けて年間配当を73円と前期比7円増配すると報じられた。

  
 

   
posted by manekineco at 08:29| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターアクション(7725) 国内外の取引先より大口の受注



 インターアクション(7725)は国内外の取引先より大口の受注を明らかにした。
 受注内容・受注金額2億1200万円で本件の売上には19年5月期第1四半期に計上を予定という。
 そのため、18年5月期に通期連結業績に与える影響はないと報じられた。



  
 

   
posted by manekineco at 07:50| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイバーS(3810) 大規模な増床、筐体の増台の効果により売上高が好調に推移



 サイバーS(3810)の売上高については、現在サービス中のタイトルである
   オンラインクレーンゲーム・トレバ
において18年1月にコーポレートサイトにてニュースリリースした大規模な増床、筐体の増台の効果により好調に推移した。

 各段階利益において前期比・計画比で増加の見込みとなった。

 この業績進捗の好調を受け、18 年5月期の業績予想を修正すると報じられた。 


ひとこと

 ネットワークを通じたエンターテイメントとコミュニケーションの拡大も、海外への事業拡大が重要だ。 


  

  

   

   
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ロコンド(3558) ギフト店『サラダ館』を運営するシャディを買収



 免税店運営のラオックスは26日、インターネット通販を手掛ける
   ロコンド(3558)
と組み、ギフト店『サラダ館』を運営するシャディを買収すると発表した。

 ロコンドが設立した投資会社が4月27日付でシャディの全株をニッセンホールディングスから約20億円で取得する。
 同日付でラオックスが出資し子会社とする。

 なお、シャディを通じ商品の取り扱いを増やすと報じられた。 


ひとこと

 ネット関連企業の事業拡大はポジティブだ。

  

  

   

    
   
posted by manekineco at 14:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ファンタジー(4343) プライズ部門やメダル部門が継続して好調


  
 ファンタジー(4343)は当第3四半期以降においても、国内事業ではプライズ部門やメダル部門が継続して好調に推移。
 また、中国事業、アセアン事業も順調に推移した。

 これにより、下半期の計画を上回ることとなった。

 18年2月期の通期連結業績は、売上高に加え、営業利益、経常利益、純利益については過去最高となる見通しとなったと報じられた。


  
 

   
posted by manekineco at 03:54| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FCM(5758) 利益が順調に想定を上回る推移



 FCM(5758)は電気機能線材事業と電子機能材事業の両セグメントともに、順調に想定を上回る推移となっている。
 安定稼動による量産効果に加え、取り組みを進めてきた製品群の集約や人員配置の最適化も奏功し利益を押し上げる要因となっている。


 17年12月15日に公表した業績予想の数値を上回る見込みとなった。
 通期の業績予想を修正することとすると報じられた。 


ひとこと

 安定的な生産が続くことが重要だ。
 景気変動の波を受けて、生産設備を強化するにしても投資が回収できるかどうかが難しい時代。


  

 

   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | 株銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする