2017年07月20日

物価上昇モメンタムが再び弱まるリスク


 ゴールドマン・サックス証券のチーフエコノミスト
   馬場直彦氏
は12日付のリポートで、日本経済の動向について、今後
   物価上昇モメンタム
が再び弱まるリスクもあり、引き続き、少なくとも2017年度中に関しては金融政策は維持されると予想していた。




 

   
posted by manekineco at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異次元緩和の出口論


  日本銀行は20日、金融政策決定会合を開催する。
 
 金融政策は現状維持という見方が大勢だが、物価目標2%達成時期が変更されるかどうかに加え、指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れや異次元緩和の出口論についての黒田東彦総裁の発言に市場の関心が集まっている。

 エコノミストを対象にした事前調査(7−12日)では、全員が金融政策の現状維持を予想した。
 なお、黒田総裁の任期中に長期金利の目標を引き上げるという予想は6月の前回調査から減少した。

  
 
 
   
posted by manekineco at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

緩やかな利上げを続ける計画が切り崩される


 シカゴ地区連銀のエバンス総裁は、同連銀のウェブサイトに14日に掲載された講演テキストで
   「インフレ期待」
が低下すれば、中銀によるインフレ目標2%の達成は一層難しくなると指摘した。
 
 そうなれば、金融政策を引き締めながら、インフレやインフレ期待を押し上げるのは困難なため米金融当局が
   緩やかな利上げ
を続ける計画が切り崩されることになりかねない。

 
 

   
posted by manekineco at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国高速鉄道でインターネットを利用した外部の弁当購入が今月17日から可能


 中国メディアの観察者網が、中国高速鉄道でインターネットを利用した外部の弁当購入が今月17日から可能になったと伝える記事を掲載した。

 中国鉄道チケット予約サイト「12306.cn」や、アプリ「1230APP」を通して、食堂車での食事や高速鉄道の提供する弁当をあらかじめ注文できるようになる。
 このほか、27の指定駅では外部の飲食企業の商品も注文することもできるという。


 


  
posted by manekineco at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

スペイン開発金融公庫(IOC)は中国で人民元建て債券を発行



 スペイン開発金融公庫(IOC)は中国で人民元建て債券を発行し、自国企業が「一帯一路」の枠組み下にあるインフラプロジェクトに参加することを支援する見通し。

 人民元建て債券の発行規模は2億ユーロ前後に上る見込み。

 報道によると、スペインのサンタンデール・セントラル・イスパノ銀行やテレフォニカなどの著名金融機関と企業は、すでに多くの国で多種により債券を発行している。

 ただ、これまでに人民元建て債券を発行したスペイン企業は1社もない。

 ICOは、自分たちがスペインで初めて人民元建て債券(パンダ債)を発行する機関となる。
 自社の資金調達チャネルを多様化するためだけでなく、中国がインフラを発展させる大切なチャンスをつかむことを重視していると説明した。

 なお、スペイン企業による
   中国での投資
を促進するため、金融の利便性を提供するとしている。

 IOCのこの動きは、スペインが「一帯一路」建設に参加する国としての立場を明らかにした。

 中国が提唱した「一帯一路」は、シルクロードに新たな命を与えるもの。
 中国も「一帯一路」に9000億ユーロを投じて、ユーラシアとアフリカ大陸をつなぐ各種インフラを新築・グレードアップする計画。


  

 


posted by manekineco at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

ジョン・マケイン上院議員の回復を待ち採決。


 米国議会上院共和党の
   ミッチ・マコネル院内総務
は15日遅く、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決を延期すると発表した。
 先日手術を受けた
   ジョン・マケイン上院議員
の回復を待つためだとしている。

 オバマケア代替法案はドナルド・トランプ大統領と多くの与党・共和党議員が選挙公約に掲げた看板政策。
 
 ただ、野党・民主党が代替法案に反対しており、共和党の議員2人も反対していることから、マケイン氏の票がなければ否決されるとみられている。
 
 
 
 このため、マコネル氏は法案通過に向け、上院(定数100)の共和党議員52人中50人以上の賛成を必要としている。

 なお、賛否が50対50の同数になった場合には、上院議長を兼ねる
   マイク・ペンス副大統領
が決裁票を投じる。
 
 
 マコネル氏はマケイン氏より丈夫な人はめったにいないと述べ、。近く復帰するだろうと続けた。
 また、回復に向かっている間は
   ベター・ケア法案(オバマケア代替法案)
の検討を先送りすることを声明で明らかにした。

 アリゾナ州選出のマケイン氏は14日、同州フェニックスのメイヨー・クリニック(Mayo Clinic)で左目の上にあった約5センチの血栓の除去手術を受けた。
 
 同クリニックは、眉の部分を切開する「低侵襲性の」手術によって血栓除去に成功したと発表した。
 
 なお、病理検査の報告書は近日中に出る見込み。

 マケイン氏の事務所は術後の経過は良好で、家族と共に自宅で過ごして回復しつつあることを明らかにした上で、医師らの助言に沿ってマケイン氏は手術の翌週をアリゾナ州で過ごすと発表した。


  


  
posted by manekineco at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

過去7年で最高のパフォーマンス


 米国大手金融機関シティグループ
   マイク・コルバット最高経営責任者(CEO)
によれば、14日の決算発表した純利益が
   38億7000万ドル(約4380億円、1株当たり1.28ドル)
と前年同期比3.2%減となったことは過去7年で最高のパフォーマンスであると明らかにした。
 
 債券トレーディング収入は6%減の32億1500万ドルとなり、債券の強豪JPモルガンとの差はわずか100万ドル未満にまで縮小した。

 株・債券を合わせたトレーディング収入は7.2%減の39億1000万ドルだった。
 
 なお、ジョン・ガースパッチ最高財務責任者(CFO)は6月半ばに12−13%減との見通しを示していたが、落ち込みはそれより小幅だった。


 


  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

金融政策について尊敬に足る見識を持つ人物が必要

  
 米国のダラス地区連銀の
   カプラン総裁
は14日、ブルームバーグラジオのインタビューで
   連邦準備制度理事会(FRB)
は経済を分析する能力を備え、金融政策について尊敬に足る見識を持つ人物がリーダーとして必要だとFRB議長について言及し、連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーのコンセンサスを形成すべく
   尊敬され「自立した」経済分析者
でなくてはならないと述べた。

 イエレンFRB議長の任期は来年2月上旬までだ。
 
 トランプ大統領はイエレン議長再任の可能性を排除してはいない。
 ただ、政治的な思惑もあり、刷新の機会を見送るとは考えにくいというのが大方の見方。

 
 

   
posted by manekineco at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする