2020年02月19日

反日政策の文大統領を揶揄する発言に入れ替える組織以外は生きていけない韓国社会の現実


 反日・親北朝鮮政策を進め、金を巻き上げる目論見からか用意周到に判事を入れ替えて判決を意のままに引きだした
   文在寅(ムン・ジェイン)大統領
の胡散臭い国政運営に反対していると判断されれば
   「無差別攻撃」
を浴びせる過激な文大統領支持者(親文派)らが、行き過ぎた振る舞いを見せていると非難が起きている。

 「ムンパ」と呼ばれる頭が割れても文在寅の支持者らは今月9日、忠清南道牙山の伝統市場に立ち寄った文大統領に対し
   ある総菜店
を訪れ、商人にあいさつしたあと
   景気はどうですか
と尋ねたところ
   新型コロナウイルス感染症(武漢肺炎)騒動
の直撃弾を受けて商人のAさんは
   「ろくでもないですよ。全く商売にならない」
   「どうなってるんですか。だんだん…。景気があまりにも悪い」
と答えた。
 この映像を会社のユーチューブアカウントで公開したところ、親文派の支持者らはこの
   動画のリンクアドレス
   動画のスクリーンショット など
をSNS(会員制交流サイト)やインターネットのコミュニティーサイトで拡散した。

 親文派の支持者らが商人Aさんを、自分たちの「攻撃目標」に設定した。

 こうした市民団体は反日不買運動を広げた組織と同じであり、自由にものが言えない社会を作り出しており、共産主義国家の様相になりつつある。

 Aさんに対する人格攻撃性のコメントも組織的に増やし世論形成を強化しているという。
  


ひとこと

 不自由な社会を作り出し自由に発言することも出来ない韓国の政治体制派問題を隠蔽し、力で抑えつけている流れが見られる。
 反日思考も今日行く制度で情報の刷り込みが悪意に行われた結果でしかない。

 無知で真実を知らない哀れな国民だが、いつまでも虚偽を信じ不適切な発言を繰り返したうえ日本領土である竹島を軍事占領した状況は放置すべきではなく、経済関係は返還と謝罪、賠償金の支払いがなければ即時遮断してしかるべきものだ。

 日韓議員連盟の代議士が韓国政府の工作を受け、韓国に優遇策を与えるような謀略行為は許すべきではない。
 「韓流」などという韓国政府の芸能活動を使った洗脳工作を受けているマスコミの過去の対応で反日的な行為に公共放送の受信料を出しているのは問題そのものだ。

 公共放送の報道姿勢を糾弾し、責任者の処分も必要だろう。



  
posted by manekineco at 19:41| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異なる意見 は力で封じ込める政府


 共産主義国家の中国では共産党以外の政治参加は国家に対する脅威となるため
   市民の政治参加
などは公安当局の監視で制限されている。
 
 市民の政治参加や社会改革を訴える「新公民運動」を呼びかけた人権活動家の
   許志永氏
は公共の秩序を乱した罪で4年間服役し、3年前に出所していたが、最近、報道規制で真実を知らせないことで被害拡大を引き起こした
   新型コロナウイルス
に対する政府の対応を批判したため、再び警察に拘束されました。
 許氏は、インターネット上で発表した文章でウイルスについて「政府が真相を封殺し、公開を遅らせたことが、ウイルスの流行を招き国に災いをもたらした」と述べ、政府の対応を批判し、習近平国家主席に退任を求めていた。
 また、当局の発表前にSNS上で警鐘を鳴らして警察に処分され、その後にみずからも感染して死亡した武漢の医師に哀悼の意を表していた。


 香港メディアの報道では、許氏は去年12月、福建省で
   人権派弁護士
などと市民社会について話す会合を持ったところ、警察が
   国家の転覆を謀った
として参加者を次々と拘束したため身を隠していました。
 その後、新型コロナウイルスの感染拡大で住宅地の出入りの管理が厳しくなる中、今月15日、広東省広州の弁護士の家で警察に拘束された。
 
 中国公安当局が許氏を拘束したことで
   異なる意見
は力で封じ込めるという姿勢を改めて示した。
  
  
 
ひとこと
 
 こうした独善的な思考は自由国家でも同様に持っており、党の綱領以外は一切認めないため、政権を奪取したのちは粛清の嵐が吹き荒れるのはソ連のスターリン事態と同じ今日きょうを生むことになる。
 
 愚かな野党連合では極めて危険な思考を生みだし、自由を日本から消し去ることになりかねない。一度進めば後戻りには大きな危険負担が生じる一方通行の道ともいえる。

 そもそもこうした情報を日本のマスコミが流さないのは思考がすでに中国の影響下にあるためだろう。
  

 
 
    
posted by manekineco at 06:05| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

患者から採取した血漿(けっしょう)で治療効果(中国)


 中国の国有医薬品メーカー
   中国生物技術
は、新型ウイルス感染から回復した患者から採取した血漿(けっしょう)を集めている。

 別の患者への適用で、炎症軽減や体内ウイルス量の減少、血中酸素濃度の上昇などの治療効果が明らかになったと伝えた。


  
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

蝗害

 中国紙・証券時報や中国科学院の管轄下のメディア「中国科訊」などは、15日と16日相次いで、新型肺炎が猛威を振るう中国では昨年下半期以降、インドとパキスタンの農作物に甚大な被害をもたらした
   大量のバッタ
が中国に飛来する
   新たな危機
に直面しているといった関連記事を掲載した。


 国際連合食糧農業機関(FAO)の資料によると、今回の
   サバクトビバッタに
よる蝗害は2018年夏季、アラビア海で発生したハリケーンの影響で周辺国の異常気象でもたらされた。
 
 2018年秋以降〜19年まで、東アフリカで大量なサバクトビバッタで発生した後、中東、パキスタン、インドに広まった。
 FAOでは2月11日、各国政府に向けて、深刻な食糧危機を防ぐために警戒感を高めるよう呼びかけた。
 
 FAOおよび国連は、6月までにバッタの数が500倍に増える恐れがあると警告した。
 サバクトビバッタは、1平方キロメートルあたり最大で1億5000万匹存在し、1日あたり3万5000人分の食糧を食べつくす。
 さらに、この種類のバッタは1日150キロも移動すると言われている。


 中国メディアでは、習近平政権の対応を忖度し「4000億匹に及ぶ」バッタがパキスタンやインドにもたらした被害に言及しながら、中国国内専門家の話として、「中国にとって大きな脅威にはならない」「中国に入る可能性は大きくない。この種類のバッタは中国で生存できない」との見方を示したと伝えた。
 
 米誌「ナショナル・ジオグラフィック」2月15日付には、東アフリカに発生したサバクトビバッタの大量襲来の様子は、聖書の『出エジプト記』に書かれた「十の災い」と似ているとの記事を掲載した。
 
  

ひとこと
  
 徳がないものの治世で起きやすく、王朝を亡ぼすきっかけになることが多い中国であり、暴虐性が強い共産主義国家の終末となりそうだ。


  
  

   
  
  
posted by manekineco at 06:22| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

300個以上の銀河を発見


 ロシア国営宇宙開発企業「ロスコスモス」のドミトリー・ロゴジンCEOはロシア唯一のX線宇宙望遠鏡「スペクトルRG」が、昨年10月末、地球から150万キロ離れた測定地点に到達して以来、この間にすでに300個以上の銀河を発見したと発表した。
 このスペクトルRGは7月に打ち上げられたもので12月12日から「スペクトルRG」の主要な研究プログラムである全天観測が始まった。


 ロゴジンCEOは、「テストスキャンの結果に基づき300個以上の銀河、1万個以上の活動銀河核と超大質量ブラックホールを発見した」ことをメディアの取材で明らかにした。
 さらに、撮影結果は、慎重さは崩せないものの、ある種の楽観的観測を呼ぶものだと続けた。


   
posted by manekineco at 05:48| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国で新型コロナウイルス感染が封じ込めができているかどうかは疑問


 米国トランプ政権の高官は、中国による
   新型コロナウイルス
感染による肺炎が拡大しているなかでの対応について批判を強めている。
  
 
 ホワイトハウスのクドロー国家経済会議(NEC)委員長は13日、記者団に対し、「われわれは中国がより高い透明性を示すと思ったが、そうではないようだ」と批判し
   米国の公衆衛生専門家
らが中国からいまだに受け入れられていないことに米国は失望しているとも語った。
 
 
 中国の感染症例が13日の発表で激増したことについて、「中国で封じ込めができているかどうか、われわれには分からない。件数が徐々に減っていると思っていたが、そうではないことが分かった」と指摘した上で、「この件については、中国の対応にわれわれはとても失望している」と批判した。


 米国の経済について、新型ウイルスに関して中国からより的確な情報が提供されないと正確な評価は難しいと指摘したうえ、「今年後半」にはトランプ政権として3%成長のベースライン予想に戻すことができるとの感触を語った。


    
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

事実を伝えない情報統制は監獄実験とおなじだ


 英国メディアで華字紙の華聞週刊は、英国内において中国で拡大している
   新型コロナウイルス
の流行が在英中国人らに対する差別を引き起こしていると伝えた。
 記事によれば、マンチェスター市で生まれ育った中国系英国人のイエンさんの事例を紹介した。イエンさんは、兄とピカデリー駅のエレベーターに乗った際、通行人が「もしあいつらが俺たちに向かってくしゃみをしてきたら大惨事だ」と話していたのが聞こえたという。
 マンチェスター市には香港の植民地などの返還などに伴い7000人以上の中国系住民が居住しているという。
 
 新型コロナウイルスの感染が広まってから、心理的な部分からもともと持っていたであろう白人至上主義的な思考が表面に出たともいえるこの都市に現れた
   アジア人差別
は驚くべき規模になっているとの指摘がされた。
 
 英国の人々は今回のウイルスの流行を使って、第二次世界大戦時における日本軍により植民地の支配力としての軍事力が破壊されてしまいアジアやアフリカなどの諸国が民族自決権を利用して独立戦争を仕掛け、軍事的に対抗できなくなったため独立を許した欧米白人国家の権益の喪失が背景にあり、今回の出来事が
   アジア系民族全体を攻撃
するきっかけにしたよう中国人に限らず、中国人に似ているだけで攻撃の的になっているという。
 シェフィールド市では、マスクを着けて外出した中国人大学院生が街で嫌な言葉を投げかけられたり、身体的な嫌がらせを受けたりしたという。
 
 日本などアジアの国では、風邪の予防や大気汚染などの理由でマスクを着けて出かける。
 
 ただ、中国系の市民によると、英国ではマスクを着けていると人種主義者に目を付けられやすいという。
 マンチェスター華人コミュニティセンターには、中国人学生に対する人種主義的事件があったと訴える声が数十件寄せられていると伝えた。
 
 レスターシャー州では、アジア人の学生2人が、マーケット・ハーボロー通りで生卵を投げつけられた。
 
 
ひとこと
 
 いろいろな人が居るのが社会だが、日本のマスコミの報道姿勢を考えれば欧米に過度に肩入れした思考で判断する情報が垂れ流されている。
 
 お遊戯のごとき女子アナを並べ、フレーズを細切れにして流すのも視聴者を舐めた報道でしかない。
 国民の思考の幼稚化を図るマスコミはGHQ時代の情報統制と同じような動きをしており、報道番組の編集でも背景にある音楽などが操作されており、CSやBSなどと異なった聞こえない音域での操作がされているようにも聞こえる部分があるようだ。
 
 治安秩序を揺さぶり劇場化する姿勢が強すぎるのは問題だ。

  

posted by manekineco at 04:53| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全人代の開催延期しても政治闘争が激化する可能性


 感染拡大への対応に追われる中国政府は、3月5日に開幕を予定している
   全国人民代表大会(全人代、国会に相当)
の延期を検討していることが明らかになった。
 
 事情に詳しい匿名の複数の情報源を引用して報じた。延期されれば数十年ぶりとなる。


 
ひとこと
 
 習近平への批判が起きるのを事前に止める動きであり、政治闘争が激化する可能性が高い。
 
 
   
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする