2016年08月01日

中南米の顧客の資金流出は23億スイス・フラン(約2430億円)


 ウェルスマネジメントで世界最大手のスイスUBSグループが29日発表した資料によると、4−6月(第2四半期)に新興国の顧客資金は
   23億スイス・フラン(約2430億円)
の純流出で、このうち多くは中南米の顧客が占めた。

 富裕層顧客に対する税務当局の監視の目が厳しくなる中で新興国顧客の資金流出が今後増加するとみている。

  
 UBSのカート・ガードナー最高財務責任者(CFO)は、長期にわたり続いた欧州内の国境を越えた資金引き上げがようやく収まり始めた矢先に、新興国顧客の資金流出が増えていると指摘した。




 
 


     
posted by manekineco at 04:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

幸運に過ごすための指南書 玄妙風水大全(太玄社)

    
 数々の実績がある名風水師
   坂内瑞祥 師
が時間と空間の変化をつかみ、その中に潜む運を引き寄せるための方法の秘訣「玄空學」を開示した。

 この玄空風水の奥義を「水法」を中心に、
  八宅門路看法
  龍門八局水法
  輔星課水法
  山龍翻卦法
  些子水法
  玄空大卦
  玄空飛星
などの妙派の風水も紹介しており、風水の理論だけでなく、実践力も身につけられることから、初めての方からプロの方まで活用できる内容です。

 
 鑑定の実例も豊富に掲載しており、風水で運が変わった鑑定例も紹介しています。
 
  
 
 
   
  ・ 玄妙風水大全(太玄社)
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 一般的に利用されている高島暦をより詳しくした感じで実践しています。
 悪運を避けて幸運を導くための指南書ともいえるものです。
 日だけではなく、時間が重要であり、「良い」時間に始めることで幸運をつかむきっかけになります。

 年に数回しかない一粒万倍日に物事を始めると良いでしょう。
 
 
  
   
 
  
      ↓ 参考になったらクリックお願いします。
   
   人気ブログランキングへ
 
 
 
 
 

   
 
  
(関連書籍)
   
      
 
 
   

    
posted by manekineco at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

香港で爆破計画? 香港警察が「爆発物」発見で9人を拘束したと発表

 
 

 
 香港(Hong Kong)の警察当局は15日、東部の西貢(Sai Kung)で実施した捜索で爆発物とみられる装置を発見し、9人の身柄を拘束したことを明らかにした。

警察関係者がAFPに語ったところによると、捜索は組織犯罪・三合会調査課(Organised Crime and Triad Bureau)が実施した。同市警察当局は、見つかった爆発物に関連して9人が拘束されたことを確認した。

地元メディアは、爆発物が現在使われていないテレビスタジオで見つかったと報じている。地元紙サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)と東方日報(Oriental Daily)によれば、拘束されたのは民主派の活動家で、中国政府が示した香港行政長官選挙の制度改革案をめぐる闘争の中で台頭した「本土派」と呼ばれる諸グループのメンバーという。

サウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙は、犯人らが「香港立法会(議会)で今週行われる制度改革に関する審議に先立ち(爆発物を)爆破させる予定だった」と報じている。

香港では14日、立法会の審議が17日に始まるのに合わせて民主派のデモが行われ、主催者発表で約3500人が黄色い傘を手に市中心部を行進した。
 
 
 
 
 
posted by manekineco at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

引き寄せの法則

   
 「引き寄せの法則」とは「富を強く思えば富を、幸せを強く思えば幸せを引き寄せられる」というものです。

 この考え方は20世紀前半に欧米の思想界の流れを大きく変え、ジョセフ・マーフィー、ナポレン・ヒル、デール・カーネギー、スティーブン・R・コヴィー、中村天風など、多くの思想家や成功者を生み出したともいわれます。

 現在ではさまざまな成功者が実践し、その方法論を発表していますが、「引き寄せの法則」概念を世界に初めて紹介したのが、本書の著者ウィリアム・ウォーカー・アトキンソンでした。
 
  
 
 
  
 ・ 【原典完訳】引き寄せの法則
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 思い込みや独りよがりも成功すれば、人生のメルクマールにもなる思考とされて持てはやされるものだ。

 なかなか、その神髄は言葉に表すことは難しいだろう、起こりうるいろいろな出来事を体験しながら対応することが成功へのステップになっているものの、誰もが出来るようで出来ないという矛盾が根底にある。

 成功するにしても大の字がつくかどうか...
 
 
  
   
  
 
 
 

   
 
 
 
 
    
posted by manekineco at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

入門インド占星術―ヤッギャのけむりにのせて

   
 インド占星術ジョーティッシュは光の科学と訳され、哲学、宗教、科学はもちろん根底に流れるのは人間学(愛)です。

 本書は、星の運行に、貴方が感じるのと同じ不思議を感じた著者が、インドの風景を紹介しながら綴った入門書です。
 
  
 
 
     
   ・ 入門インド占星術―ヤッギャのけむりにのせて (いんど・いんどシリーズ)
 
 
 
  
 
ひとこと
  
 人が考え、行動するパターンはいろいろあり、外的な影響を受けて常に変化をする可能性は高い。

 いろいろな思考を持つ人は数多あるが、同じことに対しても常に同じ対応をすることが多いのも事実だ。

 こうした出来事の発生で何が起こるのかを推測するのも人の経験が裏付けとなり判断を導くことだろう。
 
 
  
   
  
 
 
 

   
 
 
 
 
   
posted by manekineco at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線


 この世でもっとも巨大な装置で、この世でもっとも小さな物質をつかまえる―深遠な宇宙の謎に挑む壮大なプロジェクト「T2K」とは?子孫のために、我々がやっておかなくてはならない「知の開拓」の物語。




    




ひとこと

 難しい内容を簡単な理解できる言葉で説明するには、高度な能力が必要だ。難しいことを何回に説明するのは誰でもできることともいえる。












posted by manekineco at 08:10| 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

易聖・高島嘉右衛門の生涯

   
 幕末から明治を生き、横浜の地に名を残し、易聖と呼ばれるまでになった男、高島嘉右衛門。

 江戸の商人であった彼は、商売の手違いから投獄され、牢内で「易 経」とめぐりあう。

 上下二巻を暗誦するほどに熟読し、彼は天来の易占の才能を開花させる。
 後に自由の身となった嘉右衛門は、横浜に新天地を開拓し、更に伊藤博文の相談役として、その類い希なる能力を発揮する。
 
 
 
 
 
      
  
     ・ 「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生涯
 
   
  
 
  
 
ひとこと
   
 易断による占いでも特に有名で、今でも「易聖」と呼ばれているが商売人として大成した人物の生涯は参考になる。
 人生は波乱万丈でもある。 




 
 



    






   
    
posted by manekineco at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?

   
 国益の危機!

 米国主導で洗脳された外交官や政治家の平和ボケ・外交音痴となってしまった日本は、アメリカ・ロシア・中国・EU・北朝鮮の脅威と機会がわかっていない。
 
 
 
 
 
     
    ・ 隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?
 
   
  
 
 
ひとこと
   
 日本の行く先を決めるのは日本だ。
 日本人が保有する情報の質の低下はメディアの報道姿勢の影響が大きい。

 GHQによる洗脳工作を支援してきた日本のマスコミの本質が問題だ。
  
 ただ、多くの日本人もネットを通した情報量の拡大で真実の姿が分かっている。ただ、モノを言えば潰される構造が問題であり、政治家もモノが言えない。

 軍事力を考えれば集団的自衛権を米国と締結するのであれば軍事的な支援を無料で行うように外交交渉してからにすべきだ。
 締結には軍事的な指揮権を放棄するような内容では被害が日本の自衛隊に集中しかねないことも理解すべきだろう。

 消耗品扱いに自衛隊を投入すべきでないことは明らかだ。


 数だけの中国人民軍など第二次世界大戦時の上海戦の結果を見れば明らかで、過剰反応しすぎている。そもそも、核兵器など3か月の余裕があれば日本は保有でき、2000発まで増やすことも可能だ。

 核兵器を日本やドイツに持たせないようにしたのがIAEAの目的であり、査察官の数が半数日本に投入されてきた現実を知る必要がある。
 そのため、核兵器を保有する能力も実力もある日本だが、欧米からの監視で出来ない構造がある。




 
 



        






   
     
posted by manekineco at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする