2019年09月26日

消耗戦を仕掛ける中国への対抗を戦略的に考える必要がある


 中国メディアの観察者網は、台湾軍の関係者が
   F-16V戦闘機
について、中国のJ-20戦闘機と1対1で戦えば必ず勝てると発言したと報じた。
 この記事では、台湾メディアの23日付報道を紹介した。

 台湾の民進党の立法委員が台湾が購入したF-16Vブロック70は第4.5世代戦闘機で、大陸のJ-20は
   第5世代戦闘機
と言われているがF-16がJ-20と対した場合について、台湾空軍はどう認識しているかと質問した。

 この質問に対して台湾空軍の
   劉任遠(リウ・レンユアン)参謀長
は戦闘性能や武器弾薬の評価では、大陸のJ-10、J-11、Su-30、Su-35よりもわれわれのF-16の方が優れていると指摘した。
 また、J-20とは性能面で拮抗しているもののステルス性能がある。
 ただ、ステルス性能についてはどれほどかは実際のデータが出ていないので分からないと続けた。

 もし1対1の戦闘ならば「絶対的にやっつけられる」と答えた。

 また、台湾の
   厳徳発(イエン・ダーファー)国防部長
は「F-16のJ-20への対応は問題ない」との見解を示した。

 この記事では、J-20が披露されて以降、台湾軍は
   「常にF-16VがJ-20に対抗し得るという幻想を抱き続けてきた」
と指摘し、厳氏の前任者である馮世寛(フォン・シークアン)前国防相や前の空軍参謀長も同様の発言をしていたと伝えた。

  

ひとこと

 記事は中国軍の姿勢そのものだが、中国軍の保有する戦闘機の質の悪さは時間が経過すれば明らかになるだろう。
 ただ、ポンコツでも数が多く撃墜し続けるのには骨が折れる。

 第二次世界大戦や朝鮮戦争でも消耗戦を仕掛けてくる戦術であり、毛沢東が4億人の国民が1億人消耗しても構わないとの思考が背景で無茶苦茶な政治闘争を行っている。
。 
 中国の王朝の勃興時の混乱では同じような状態だったのだろう。


  
posted by manekineco at 06:03| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載できる新型潜水艦を建造


 北朝鮮は核兵器廃棄問題の交渉で時間稼ぎする中、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を搭載できる新型潜水艦を建造している。
 
 咸鏡北道新浦の造船所では、こうした潜水艦の進水に用いる建築物を新たに設置していることが20日までに判明した。
 
 これにより、北朝鮮が間もなく3000トン級の弾道ミサイル潜水艦(SSB)の建造作業を終え、実戦配備のための進水式を行うという見方が出てきている。
 
 北朝鮮は今年7月23日、「金正恩国務委員長が新浦造船所を訪れ、新たに建造した潜水艦を見て回った」として鉄板が継ぎ接ぎ状態の新型SSBを初めて公開した。


    
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月25日

米国大統領選挙の影響を排除


 イランのザリフ外相は23日、ニューヨークで記者団に対し、核プログラムとミサイルプログラムを含む地域安全保障に関する長期的な交渉の枠組み協議には条件があると話し、米国に制裁解除を求めていることに言及した。
 
 もし、制裁が解除されれば、核合意の当初のメンバー国である米国、フランス、英国、ドイツ、ロシア、中国と協議する可能性があるが、(次期大統領選挙への利用を目論むトランプ氏の意図が背景にある)米国との二国間協議は行わないと拒否した。
 
 
    
posted by manekineco at 04:41| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「弾道ミサイル防衛」(BMD)プログラム


 米議会調査局(CRS)は19日、米国防総省が北朝鮮とイランの潜在的弾道ミサイル攻撃に備えるために
   「弾道ミサイル防衛」(BMD)プログラム
を備えたイージス艦の増設を推進していると明らかにした。

 米議会調査局(CRS)が発刊した「海軍イージス弾道ミサイル防衛プログラム報告書」によると、2020年度の予算書上、BMDが可能な米海軍のイージス艦が昨年年度末基準で38隻から2024年度末には59隻に増えると予想される。

 CRSはイージス艦が欧州海上でイランのような国の潜在的弾道ミサイル攻撃から欧州を保護するために作戦していると説明した。

 また、西太平洋とペルシャ湾では北朝鮮やイランのような国の潜在的ミサイル攻撃に対抗し地域防衛を提供するために活動していると付け加えた。


   
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

問題に小手先で対応するようなこうした態度はうまくない


 米国ニューヨーク地区連銀は20日、週初に見られた市場のストレスが再び高まりつつある兆候があるため4日連続で、資金調達市場の重要部分に流動性を供給する構えを示した。

 米国の証券会社ジェフリーズのシニアエコノミスト
   トーマス・サイモンズ氏
はニューヨーク地区連銀の19日の翌日物システムレポの後、「NY連銀は供給額を少なくとも今の2倍にし、警戒感を強め、もっと意味のある行動を取る必要がある」と指摘した。
 
 また、「問題に小手先で対応するようなこうした態度はうまくない」と述べた。
 
  
  
posted by manekineco at 02:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

中東がキナ臭い


 イランのハッサン・ロウハニ大統領は22日、イラン・イラク戦争を祝う大規模軍事パレードに出席し、
   緊張の高まる湾岸地域
への米軍の増派を受けて、ペルシャ湾の外国部隊の存在を非難し、同国が
   「ホルムズ平和」案を国連(UN)
に提案する考えを示した。

 ロウハニ氏は外国部隊は地域や域内の人々に「問題と危険を引き起こす可能性がある」と指摘した。
 また、「この複雑かつ重要な歴史的時期に、われわれが隣国に友好と友愛の手を差し伸べることを発表する」と述べた。


 イランのモハンマドジャバド・ザリフ外相は、ロウハニ氏は国連総会(UN General Assembly)で「ホルムズ平和」計画の詳細を発表するとツイッターの情報を投稿した。

 ロウハニ氏は国連総会開幕前日の23日にニューヨークに向けて出発するとみられている。

 マーク・エスパー(Mark Esper)米国防長官は20日、サウジアラビアの「要請」を受けて米国は同国に米軍を増派すると発表した。
 ただ、この援軍は「防衛的な性格」だとした。

  
  
posted by manekineco at 06:43| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を準備



 米国のシンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)の
   ビクター・チャ韓国部長
   ジョセフ・バミューダス研究員
の両氏は先月28日に公開した報告書で、北朝鮮の新浦造船所で新しい潜水艦発射弾道ミサイル(SSB)を建造しているとして、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射実験を準備している可能性があると評価した。

 北朝鮮の新浦造船所で偵察衛星で発見された建築物は、新型SSBの進水に関連するものと分析されている。



   
posted by manekineco at 04:59| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消滅することは世界のためになるだろう


 韓国の統計庁が発表した昨年の出生統計によると、2018年の韓国の出生数は32万6800人で1970年の統計開始以降で最低となった。
 
 合計特殊出生率は、人口の維持に必要とされる2.1人の半分にも満たない0.98人だ。 
 
 この結果、韓国は出生率が超低水準というだけでなく、近代以来、世界で初めて出生率『ゼロ時代』に突入した国となった。
 
 何でも自慢したがる韓国メディアも「世界初」という言葉を用いて失笑を受けている。
 さらに、韓国の出生率は「絶壁式に下降」しており、「1970年の4.5から80年代中ごろには1.5に急落した。
 
 その後、多少は回復の傾向も見られたものの、滑落の勢いは止めることができていない。
 さらには、少子化が顕著な日本よりもひどい様相を示しているという。


 高齢化社会(65歳以上の人口比が7%以上)から高齢社会(同14%以上)並行する年数では、米国が50年、英国が45年、日本が25年だったのに対し、韓国はわずか18年だった。

 韓国では出生率が日本よりも低く、高齢化の速度は明らかに日本よりも早い。
 さらに深刻なのは、この傾向に好転の兆しが見えないばかりか、ますます拍車がかかっているようで、このままのペースで進んだ場合、2031年には総人口が減少に転じ、2065年には4300万人にまで減少する見込みだ。
 
 また、2165年には1500万人になり、最終的には消滅するとの専門家の予測もある。
 
 
   
ひとこと

 人口が大きく減少する韓国経済に依存する価値はない。
 金融機関の信用も過度に韓国を支援しすぎているため、債券などはそろそろ処分してしまう必要があるだろう。

  
   
posted by manekineco at 00:00| Comment(0) | ニュース・話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする